季節の草花と一緒にお茶でも

理系研究職の傍ら、茶道・ガーデニング・料理など日々の暮らしを綴っています

MENU

12月 クリスマスリースを作りました

今年も職場のサークルにゲスト参加してクリスマスリースを作りました。

昨年のリースはこちらです。

jardinage.hatenablog.com

昨年のは貧弱に見えたので、今年はふっくらになるようにと心がけて作りました。

そして今年のはこちらです。

f:id:Jardinage:20211203132951j:plain

今年のリースは「輪」でなく、「三日月形」でした。

体形ではありませんが「ふくよかに」をこころがけて、他の人の残りのモミの枝までもらって作りました。

材料はモミの木以外に、唐辛子、ドライフルーツ、松ぼっくり、綿付きの綿の実、金色にスプレーされたヒイラギなどです。

製作時間は2時間ですが、あっという間でした。ヒイラギを飾る時は「ひいらぎかざろう」の讃美歌を心の中で歌っておりました。子供らが教会でよく歌っていた讃美歌です。今でも時々歌っています。(この合唱団は我が家とは全く無縁ですが、きれいな歌声なのでご紹介致します。最初の曲がひいらきかざろう、です。ここに収録されている全ての曲が子供らが歌っていた懐かしい歌です)


www.youtube.com

昨年もブログで書きましたが、クリスマスカラーの赤白緑は

赤・・・キリストの血、神の愛

白・・・聖母マリアの純潔

緑・・・常緑樹のモミやマツを用いることで不滅、不老長寿を祈る。

を意味します。

そしてWreathリースは「輪」です。

これはグルグルと永遠に続く神の愛、永遠の幸せを意味します。

(諸説あります)

ということは三日月型はダメじゃないの。。。

クリスマスツリー頂上のお星さま☆彡はキリストがお生まれになった時に輝いたベツレヘムの星です。東方の3人の博士達にキリスト誕生を知らせベツレヘムまで導いた星です。息子は幼稚園生の時に教会のクリスマス会でページェント(降誕劇)でヨセフ(マリア様の旦那さま)の役をさせていただきました。かわいかった。。。

子供らが小学生の頃までは12月はクリスマス行事で忙しかったのに、今は寂しい限り。今年は久しぶりに教会のクリスマスミサに参加しようかな?参加できるかな?

 

少しずつクリスマス装飾を始めよう。

 

それではまた。

ごきげんよう

Copyright ©季節の草花と一緒にお茶でも All rights reserved.