季節の草花と一緒にお茶でも

理系研究職の傍ら、茶道・ガーデニング・料理など日々の暮らしを綴っています

MENU

愛らしい エノモトチドリ 株が増えたらしい

愛らしいエノモトチドリが咲き出しました。

小さな小さな蘭です。

昨年は1株のみでしたが、今年は3株に増えたようです。休眠中は掘り起こしなどせず、外でホッタラカシにしておりました(南関東)。

昨年の記事はこちらです。(←実はアクセス数が多い記事です)

jardinage.hatenablog.com

ゆっくり育ちます。蕾を確認してから咲くまで一週間。たった一週間なのに毎朝待ち望んで見ていたためか、一か月ぐらい待ったような錯覚を覚えました。

来年も増えるといいな~

 

ミヤコワスレ

以前、バラを食い荒らすチュウレンジハバチめにやられてしまいましたが、今年は復活してくれました。念のためバラを消毒する時に一緒に薬剤を噴霧しています。

 

エルサレムセージ

お庭の師匠が年末に植栽して下さったもの。

数日前に「なんか妙な花が咲きそうだな」と思っていたら、今朝「なにコレっ!?」とびっくりしました。面白い咲き方をします。まだ咲き出し始めなので、満開になった時またアップします。

名前にセージとありますが、香辛料に使われるセージとは違う属で、フロミス属とのこと。セージと似た芳香があることからセージと名付けられたようです。

エルサレムセージ | Phlomis fruticosa | かぎけん花図鑑

常緑低木。芳香もあるので、ドライフラワーやポプリとしても利用できるとか。試してみようかな。

師匠、いつも楽しませて下さりありがとうございます。

 

それではまた。

ごきげんよう

2022年度 バラの季節が始まりました

いよいよ、バラの季節が始まりました。

今年はブログ友(勝手に友と呼んでしまっていますが)から学び、副蕾を摘み取りできるだけ大きく元気に咲かそうと心がけております。しかしあくまでも私はガーデニング派でコンテストに出そうなんぞ、これっぽっちも考えておりません。

ブルームーン

鉢を移し替えて2年目。ちょっと花のサイズが小さめに感じます。ゆっくり開花しています。

 

プリンセス・アイコ

愛子さまの成人をお祝いしているように、今年は美しくたくさん咲いています。


イングリッド・バーグマン

なかなかこの深紅の色を写真に収めるのが難しい。このバラもたくさん蕾が膨らんでいます。

 

天津乙女

引っ越しして最初に植えたバラの一つ。12歳の苗。地植えです。根元が木質化してきていますが、今年もたくさん咲いてくれそうです。

jardinage.hatenablog.com

 

エグランタイン マサコ

雅子さまの名前が付けられたバラです。花弁数が140枚ほどあります。葉が邪魔をしていい角度で撮影できなかったのが残念。通りに面したところに地植えをしており、ご近所からも評判のバラ。


名前不明

お庭の師匠も名前を忘れてしまったバラ。中輪の大きさです。優しい赤色で背丈は低いです。赤色の撮影は難しい。

 

毎朝、虫がいないか、病気にかかっていないか観察し、咲き切ったバラを剪定します。これが最近の私のリラックス時間。

そして3分咲きのものの数輪を玄関やトイレなどに花瓶にいれて楽しんでおります。旦那と息子はノーコメント、娘は時々何か言ってくれます。まぁ言わなくても感じてくれればそれで十分ですけどね。

 

これから咲きはじめるバラもあります。彼らたちはまたこんど。

それではまた。

ごきげんよう

着物でお茶会へ  お天気に恵まれました

昨日は3年ぶりの淡交会支部の懇親お茶会にお稽古仲間と共に行って参りました。

数日前の当日天気予報では雨。草履カバーを準備しつつ「お天気になって!」の祈りが通じたのか、当日は前日までの雨も上がり気持ちのいい五月晴れとなりました。袷でしたが暑すぎることもなく、本当にお茶会日和でした。 

場所は明治記念館

元赤坂に所在し、明治時代に迎賓館として建てられた建物です。

東京元赤坂 明治神宮の結婚式場 明治記念館

 

君が代」の「さざれ石」がお庭の片隅にあります。

 

感染予防のための席主さまらの様々なご配慮と人数制限で、3年前よりゆったりと安心して楽しむことができました。

お席は

・ お濃茶席

・ お薄席

・ 立礼席(青年部)

・ 点心席

でした。席主さまのお話とお道具や掛軸などの誂えは感服するばかりでした。ここで色々書きたいのですが、席主の方が心込めてご準備されたお席ですし、またお茶席の間は写真も撮れませんので詳しくは紹介できず失礼します。

ひとつ、青年部の立礼席のこと。

先の東京オリンピックに行われた記念お茶会を再現されたものでした。お床のお軸、お茶碗、水指など一つ一つスポーツに関連する趣向を凝らしたもので、一席への気持ちが素晴らしかったです。席主のお話もお上手でした。その時のお干菓子が吉祥寺の「茶の湯菓子 亀屋萬年堂」製の五輪を模ったお菓子でした。

茶の湯菓子 吉祥寺亀屋萬年堂 | 東京 デジタル茶の湯マップ

デジタル茶の湯マップのサイトにその写真を見つけましたのでご覧ください。

左下の五輪のお菓子です。一つずつお味も違い、かわいらしくて。五輪が一つに結ばれていました。その紐をお懐紙に挟んでお土産として持ち帰りました。

今日は昨日の余韻に浸りながらお仕事でした。

 

さて、昨日の着物はこちらです。帰りに娘と合流し、バス待ちの間に撮ってもらいました。

悩める私を見かねて、前日にお稽古仲間Tさんが着付けを教えて下さいました。

全部は習得できませんでしたが、少し上達しました。

新緑の季節の大寄せのお茶会なので明るめの着物を選びました。薄色の色無地系をほとんど持っていないので、結局ヘビロテの色無地に見える小紋です。

帯は初使いの袋帯。川島織物の華紋(向かい鳥)です。

前日の特訓で裾つぼまりがまあまあできている。

おはしょりが今までの中で一番上手にできた。

帯揚げの仕方を習得できた!

袋帯は自宅で復習したところ混乱してしまったため、いつもの動画のやり方で締めた。。。

一歩一歩ですね。

 

明治記念館のお庭でお稽古仲間と集合写真を撮りました。お若い新人さんらの美しいこと美しいこと。。。

一方私は、、、

斜め向きで写真を撮ってしまったため体の厚さが強調されてしまった。今度から絶対に斜めはやめよう(笑)!

 

それではまた。

ごきげんよう

Copyright ©季節の草花と一緒にお茶でも All rights reserved.