季節の草花と一緒にお茶でも

理系研究職の傍ら、茶道・ガーデニング・料理など日々の暮らしを綴っています

MENU

着物でお稽古に ㊱ 感謝のお茶事

先週末はお稽古茶事でした。

 

私にとって初のお茶事、且つお詰め役でした。

大変緊張しました。そしてとっても充実した楽しい時間を過ごせました。

当日は汗ばむほど、快晴の一日。

お茶事そのもの以上に、社中の多くの先輩方が水屋等で色々支えて下さって成り立ったお茶事ということに、ウルっとくるほど感動しました。3年近く社中全員が集まる初釜等が行えず、規制が多いお稽古が続いているため、今回の茶事は驚きと嬉しさと感謝の念を感じざるを得ませんでした。

 

お茶事は4時間ほど掛かります。

亭主は露地(お庭)の風情、床の間、掛軸、お花、懐石料理、お菓子、数々のお道具等を通して、茶事の趣旨を表しながらお抹茶(お濃茶とお薄茶)をもてなします。(もっと深い意味があると思います)

私は亭主でもなければ主催者でもありませんので、ここで詳しく書くことはできませんが、このご時世にぴったりな趣旨のお茶事でした。そのため心に響いたのだと思います。

最後にご亭主にご挨拶するのですが、本当に涙ぐんで言葉につまりました。

当日はお炭のご機嫌がよく、お湯がよく沸いておりました。炭の音、お湯が沸く音(松風)を静かな茶室の中で聞くのは心が落ち着きました。亭主がお釜に水を差し松風が一瞬で消え静かになった時、「何か」を感じました。この意味はまだ自分のなかで説明できませんが、これから少しずつ理解していきたいと思います。

 

お詰めとしてのお役ですが。。。

30点ぐらいでしょうか。。。

本で読んでいてもなかなか難しいですね。師匠が近くでご指導下さいました。茶事を経験することでお稽古の内容や、茶道の意味への理解が一歩進んだと思いました。

 

さて当日のお着物です。

気合入れすぎて、当初の予定のお着物から3回変更しました。結局この着物にしたのは前日でした。ずっとこれにしよう!と思っていたの着物は袖丈が長すぎた(リサイクル着物ですからね~。でも逸品の新品着物です)。次に濃紺の着物にしました。でも「暗すぎない!?」と数日自問自答が続き、結局紅葉の時期に合いそうなこの橙色の着物にしました。一紋付きぼかし地色無地です。

帯はブログ友に真似させて頂き、扇柄の名古屋帯。本当は塩瀬の白を探していたのですがご縁なく、こちらとなりました。畳皺があってう~ん。気合い入れすぎて着付けにいつも以上に時間を掛けた割には、いつもより上手に着付けず残念。

お茶事から帰宅した時は日没近かったため、写真もぼやけてしまいました(娘撮影)。

着崩れしているとはいえ、右側が裾つぼまりができておらず、また背中もだぶついてしまい、反省点多すぎ。(← いつもと同じ課題点)


さて、お懐石料理も大変美味しかったです。全て師匠がお料理なさり、水屋の方々がご準備して下さいました。どのようなご準備なのかは私はまだ分かりませんが、かなり大変そうです。

家族に今日のお茶事がどんなに楽しかったかを伝えたいために、懐石料理もどきを夕飯に作ってみました。なんちゃって懐石です。(こんなの懐石料理じゃな~い!)

お道具を持っていないので、家にあるあり合わせのお皿で並べてみました。

これまでの淡交社「なごみ」の懐石料理の特集ページを参考にしました。(何度もいいますが、これはなんちゃってです)

お汁椀は滅多に使わない本物のお汁椀です。結婚祝いで頂きました。中は生麩の白味噌汁です。我が家で白味噌は初めてです。赤味噌を少し加えています。

写真はありませんが、その他に

・ 煮物  デパ地下で買った

・ 焼き物 ラム肉チョップ (子供らの大好物)

です。

 

お茶事から帰宅して5時から用意したのですもの、これでご勘弁を。

こんないい加減なお料理ですが、予想以上に家族から高評価。

生麩in 白味噌は我が家では初だったので、子供からは大好評。主人からは「実家(関西)ではよく白味噌だったよ。だいたいこんな感じの味だった」

お刺身は通常の切り方ではなく、細く切って少しだけ加減酢を掛けてふんわりの盛り付け。少しだけ大葉をのせました。

 

夕食を頂きながら「本当はこんなんじゃないのよ~ もっと美味しかったんだから~」と茶事の流れを説明しました。

 

翌日、娘からは「カイセキリョウリっというもの、もう一度作って」

「いやいや、あれは偽物だから、大学合格したら茶懐石のお店でお祝いしようね」、と約束しました。

 

お目汚しで失礼しました。

 

それではまた。

ごきげんよう

秋バラ 2022 第2弾

我が庭では今年は少し遅めに秋バラのピークを迎えています。

先日は息子の部活のフェスティバルがあり、ママ友にバラを差し上げました。私は不器用でラッピングが下手なのですが。。。

採取直後

左上 ブラスバンド

左下 クイーンエリザベス

右2つ 天津乙女

 

ラッピング

下手ですね~

それでも「お庭で育てたバラ」というだけでとてもビックリされました。ママ友がご自宅でお上品に飾って頂き、数日後には綺麗に開花した姿の写真を送って下さいました。上品に凛としたバラの姿を見て、我が子をみるように嬉しく感じました。

 

さて我が庭の秋バラの第2弾。

第1弾+αはこちら。

 

ブラスバンド(息子の部活を記念して)

太陽光によって色が変わります。真ん丸の花形で華やかなイメージです。日持ちよく、家の中では一週間は綺麗に咲いています。

 

粉粧楼

春は上向きで咲いたものが多かったのに対し、秋バラは下向きに咲いているのがほとんどのような気がします。真っ白の中にうっすらとピンク色があり、可憐でかわいいです。秋はボーリングもほとんどないです。

 

プリンセスミチコ

5年ほど前に近所のホームセンターで購入しました。最初の数年はほとんど咲かず、細い株だったのですが、少しずつ元気になり地植えしたら生き生きと丈夫な株となりました。今年はたくさん咲いています。 ご近所の高齢の方々からは人気のバラです。隣のおばあちゃまはこのお花の名前しか覚えてくれません。

 

プリンセスチチブ
中輪の大きさです。やっと咲きだしました。ピンクに近い赤色で凛とした咲き姿と共に美しいです。

 

ヨハンシュトラウス

大輪でよく咲きます。綺麗な薄ピンク色です。朝日のなかで観るのは格別に美しいです。

 

秋バラ2022第3弾、アップできるかな? 

 

それではまた。

ごきげんよう

着物でお稽古に ㉟ お茶事のお稽古

はや11月となり、炉開きとなりました。我が庭では11月9日に椿「炉開き」が開花しました。小さな椿です。

先週末は所用がありお稽古に行けなかったので、今週は土日続けてお稽古をさせて頂きました。きっと先週は、師匠お手製の粟善哉があったはず。頂けなくて残念!

 

土曜日は今月中旬に行われるお稽古茶事のお稽古でした。

私にとって初めてのお茶事です。お茶事に参加する予定だった直後にコロナが始まりました。そしてやっとお茶事が再開です。

初めてなのにお詰めです!お詰めとは「茶事・茶会においてお客の中で一番下座に座る人」です。末客とも言います。当日の茶会をリードするのは第一客(主客)である「正客」であり、茶会を催しするのが「亭主」です。

「お詰め」は正客がうまくお役を果たせるように補佐をしたり、亭主の仕事を手伝う役も担いますし、正客やほかの客の代わりに動く役割も求められるため、お茶事の流れをきちんと分かっている必要があります (参考:「もしも茶会のお詰めをつとめることになったら。」) その昔、11月に行われる「口切りの茶事」の際、お茶屋さんが末客に担ったということから「お茶を詰める人=お詰め」と言われるようになったそうです。

緊張です!

最近は通勤電車の中でこの本を読んでいます。

 
本を読んでいても実際お稽古していたらもう頭いっぱいでした。
お詰めは機転を利かして動かなくてはいけないのに、お茶事初体験の私が大丈夫でしょうか?
 
土曜日のお着物はこちらです。炉開き後初のお稽古だったので、師匠から頂いた反物で誂えた京友禅小紋で参りました。帯は西陣織の花唐草の名古屋帯
帯締め帯揚げはお善哉を期待して小豆色(お善哉はなかった。。。)
3週間ぶりに着物を着付けしたら、どうも不具合が発生してお稽古中に帯が崩れてしまい、お稽古仲間のTさんに直して頂きました。写真は帰宅後にもう一度帯を締め直して写真を息子に撮ってもらいました。後ろ姿は、ピントが合っておらずアップできませんでした。

今回は衿芯をバイヤスのものにしました。先日のお稽古で師匠とお稽古仲間のTさんが「半襟がぴしっとなっていない。衿芯はバイヤスの方がいいわよ」とアドバイスして下さったので、早速試してみました。

 

たしかに半襟がぴしっとなりました。
でも今回師匠もTさんも気づいて下さらなかったですけどね(笑)。
 
 
日曜日は炉のお点前のウォーミングアップ。お稽古は私1人だけでしたのでお濃茶と初炭のお稽古をさせて頂きました。
そして、一番のお稽古は「お茶事に向けての準備」
前日に師匠から「明日、灰の準備を手伝って頂きたいからお洋服でいらして」とのことだったので、洋服で参りました。
お茶事では水屋手伝いをしたかったのですが、私はまだ茶事の経験がないので水屋は担当できません(お手伝いであっても、一回でもお茶事を経験した人のみ)。
そのため師匠は私のことを思って下さったのか、炉に入れる灰入れのお手伝いをさせて下さいました。
我が社中は普段のお稽古は電熱線で行っていますが、お茶事やお茶会の時は灰とお炭を使います。今回電熱線を片付けてから灰を入れ、五徳とお釜をセットするお点前(お仕事?)を体験させて頂きました。私のお稽古が終わる頃、亭主・正客をおつとめされる先輩がいらして下さり一緒にさせて頂きました。
大変勉強になりました。炉の準備の他、煙草盆の準備もさせて頂きました。
先輩と師匠が色々お話しされていた内容がよく分からず、質問したところ、師匠が微笑まれて、
「もう少し大きくなったら教えてあげるわね~」
きっと上のお点前の事なのですね。はい、大きくなったら教えて頂きとうございます。
 
一通り灰の準備が終わった後はお道具の準備となりましたが、ここからは亭主役の人のみの準備ですので、私は失礼させて頂きました。
大事な灰の準備をさせて頂き、大変充実したお稽古でした。
 
さあ、当日はどうなるのかしら?
楽しみ半分、緊張半分です。
 
それではまた。
Copyright ©季節の草花と一緒にお茶でも All rights reserved.