季節の草花と一緒にお茶でも

理系研究職の傍ら、茶道・ガーデニング・料理など日々の暮らしを綴っています

MENU

リメイク着物でお稽古に 63 単衣の着物をお稽古着に

みなさま、ごきげんよう

 

今日はお着物のリメイクの話です。

私の母方の祖母は明治生まれで20年以上前に亡くなりました。女学校は被服科?でお裁縫がとても得意で、家族全員の着物や袴を仕立てていました。祖母はたくさんの着物を残してくれましたが、亡くなった後(誰かが)ほとんどを処分しました。私の母は着物に関して興味はなかったものの、実母が仕立てたものに愛着があったため少しだけ確保?したそうです(嫁いだ身だったため勝手なことはできなかったとのこと)。そして祖母は元気な頃に「タンスの肥やしに。」と仕立てて誰も着なかった着物数着を私にこっそりくれました。私は外孫だったので、今の内に渡しておくねとのことでした。

そういう着物類が私の実家にいくつかあります。

母は独身の頃、京都で茶道を習っていたものの、あまり着物に興味はなくお裁縫も苦手です。私もこの数年前まで全く着物に関して無知でした。

 

しかし今は茶道を通じて着物が大好きで、ハマってしまっています。

実家にある祖母が仕立てた着物類をどうするかを考えていました。そのまま着るのが一番いいのですが、全てがサイズアウト。どーにもならない。

そこで、いつもお願いしている和裁士さんに相談させて頂きました。以前にも

単衣の着物→長羽織

羽織→裄と後幅のお直し

などをして頂きました。

着物でお稽古に ㊳ 銘仙の長羽織 単衣の着物から仕立て直し - 季節の草花と一緒にお茶でも 

 

今回もたくさんリメイクをして頂きました。

今日お見せするのは

単衣の正絹着物(薄手)→茶道のお稽古着

単衣の正絹着物(厚手)→名古屋帯と半幅帯

にリメイクして頂きました。

薄手厚手ともに、身丈も裄も前後幅全てがサイズアウトだったものです。また母は薄手のものを「ポリエステルだから捨てようかと思うけど。おばあちゃまは残った生地で遊びで仕立てたのかしら?」と捨てかけたものを私が受け取りました。

和裁士さんに送ったところ、母がポリだと思ったものもウールだと渡されたものも全て正絹でした。

 

土曜日に受け取り、早速日曜日にリメイクして頂いたお稽古着と半幅帯でお稽古に参りました。

こちらは土曜日に家で試しに着た時の写真です。半幅帯の結び方に慣れていないので、日曜日のお稽古時は家で着てから主人に車で送ってもらいました。

ワンピースの上からで補整なし、半衿はウソ衿です。

半幅帯はYoutubeを見ながら初めて締めました。吉弥結びを試みたのですが、後はお見せできる状態ではないです。補整なしなので、帯前がちょっと変ですね。

愛読している方でいつも粋に半幅帯を締めておられる方がいて、彼女のように着こなしたいなと思います。(目標!!)

通常のお稽古には‘本当の着物と名古屋帯で参りますが、雨の日や職場の茶道サークルにはこのお稽古着を活用したいと思っています。

 

さて、茶道の師匠の反応です。

ご挨拶した時:

「まあ、雨の中お着物でいらして偉いわね~ ちょっと地味目のお着物だけど赤の帯と似合っているわよ」

お稽古の途中:

「珍しく半幅帯なのね。ちょっとタレが長いけど。」

「モダンな柄のお着物ね」

ちらっと見えた青のワンピースをご覧なった:

「ずいぶん色気のある長襦袢ね~」

ここで種明かししました。

「これ、お稽古着です」

師匠「???」

「ワンピースの上から着ています」 

と裾を少し上げました。

師匠「??? ワンピースの上からお着物を着られたの?」

私「お稽古着です。」

師匠はなかなか理解されなかったので、きちんと説明したところ、

大爆笑。

私の予想以上に大爆笑。

「え~~~~!!! 全然分からなかった!!!」

お稽古仲間のTさん(着付けの先生)は

「着物だけど、なんか変だな~と思ってましたが、ワンピースの上からとは。」

 

お稽古の後、私がお稽古着を脱いでいる様子をお稽古仲間がご覧になって

「ウソ衿だったのね~」と。

師匠は御覧になってまた大爆笑。

 

とても楽しいお稽古でした。

因みにお稽古は

茶碗荘(濃茶)と総荘(薄茶)でした。

 

アキさんのように粋に半幅帯を締められるように練習します。

半幅帯が上手になったらまたアップしますね。

 

それではまた。

ごきげんよう

春の庭 2024-2

みなさま、ごきげんよう

 

各地のバラ園の状況が連日テレビなどで伝えられ、ブログ皆様のお庭のバラも軒並みシーズン真っ最中で、毎日楽しませて頂いております。

 

今日も写真中心に我が家のバラの状況をお伝えします。

・ プリンセスアイコ

5月4日 プリンセスアイコ
房咲きのプリンセスアイコ

愛子さまと同様、元気で可愛らしく、魅力あふれるバラです。2020年夏に新苗として我が家にお迎えしました。その後どんどんと大きくなり、挿し木の成功率も高く、我が家にはたくさんアイコさまが微笑んでいます。房咲きなので上の写真のように2本ほどの枝を花瓶に生けても華やかでかわいいです。

・ ブラスバンド

5月4日 ブラスバンド

音楽好きの息子のバラということで育てています。明るいオレンジ色で緑の葉とのコントラストが美しいです。ご近所の方からご指名されるほど鮮やかできれいな色のバラです。

・ 天津乙女

5月4日 天津乙女

5月4日 天津乙女

天津乙女に関しては以前の記事をどうぞ。

天津乙女 百人一首より - 季節の草花と一緒にお茶でも

こちらも特に今年はたくさん咲きました。今は一旦お休みで第二弾待ちです。

・ 名前不明(切りバラからの挿し木1号)

5月5日 名称不明(挿し木1号)

初めて切り花からの挿し木に挑戦したバラ。大きくて茎も太くしっかりとした感じのバラです。雨によるシミやボーリング(咲かないで終わる)しやすいので、今更ですが屋根の下のテラスに移動しました。

・ チャーリーブラウン

Charlie Brown バラですが。。。 - 季節の草花と一緒にお茶でも

5月12日 チャーリーブラウン

私の大好きなキャラクターPEANUTSの名前を冠したバラ。「私が育てなくてどうする!?」と迷わずポチっとしてお迎えしました。参考文献は見つかっていませんが、チャーリーブラウンのTシャツと同じ色が名前の由来かな?と思っています。一日二日で色が褪せてしまうので、毎日花がら摘みをしています。

 

それではまた。

ごきげんよう

敦煌 色と形の変化を楽しむバラ

みなさま、ごきげんよう

 

今朝は小雨。夜は強風で帰宅したら鉢2つが転がっていました(涙)。

今日は「敦煌」というバラをご紹介します。

こちらは愛読させて頂いているブログの方と一緒のお名前だったので、一昨年に我が家にお迎えしました。2022年にバラの家の木村卓功氏が作出した品種。

名前の由来はシルクロードのオアシスの都市、敦煌の近郊にある世界遺産である仏教遺跡「莫高窟 ばっこうくつ」のそびえたつ姿から名付けられたそうです。

引用 https://www.dunhuangtour.com/cn/Buddhism/397.html

【大苗】バラ苗 トンコウ【敦煌】 国産苗 6号鉢植え品[農林水産省 品種登録出願中]《J-RP》 | すべての商品 | バラの家 公式本店 ロサオリエンティス【バラ苗 専門店】

昨年は樹形が悪く、ジュリアと同様、ひょろ~と背が高く、お花の形も不安定でした。樹高が高いのは名前の由来通りと納得。

しかしこの冬はベーサルシュートが2つも出て、バランスよい樹形になりつつあります。そして敦煌も同様、何輪も咲き出しました。バラの家の説明では夏冬の剪定に加えて年5回剪定するのが望ましいそうで、開花後は花がら摘みどころか剪定レベルで切る方がいいのかな? 通常、春は長めに切っています。

同じお名前のブログ友と同様、繊細で上品な咲き姿です。色は真っ白ではなくクリーム色または淡い黄色で、満開後はロゼット型になります。同じ苗でも一輪ごと、年ごとに形と色と美しさが変わるのは見ていて楽しいです。

5月 12日  敦煌

【追加】 同じ苗からですが、一週間後のロゼット型や開花しはじめた敦煌は黄色が強い花でした。咲き始める前から散るまで色々な形を楽しめます。

5月20日 敦煌(満開のロゼット型)

5月20日 敦煌(咲き始め)

それではまた。

ごきげんよう

Copyright ©季節の草花と一緒にお茶でも All rights reserved.